『参加方法のご案内』

この会には京王線の立体化について考える方であればどなたでも参加することができます。
ただし、会のメンバーは京王線の代田橋から八幡山に住まれる方が中心となっております事はご理解の上ご参加ください。

それぞれの支部の会則をお読みになり、ご理解の上でご参加ください。

会の運営につきましてはボランティアです、また、運営費は皆様方の募金によってまかなっており、公的機関からの補助はいただいておりません。

募金の使い道については、会での決議によって行い、会計報告は会で報告されます。


「松原1丁目まちづくりを考える会」 会則

会則発行日 2008年10月1日
第一条名称
本団体は「松原1丁目まちづくりを考える会」と称する。
第二条目的
本団体は「明大前駅周辺街づくり協議会」の住宅部会であり、主に松原1丁目地域の住民の明大前地域のまちづくりを考えるために結成された会である。
第三条活動
本団体は前条の目的を達成するために次の活動を行う。
(1)住みやすい環境作り。
(2)道路、線路を含めたまちづくりについて区、都に働きかける。
(3)ボランティア精神に則り、会の趣旨にそった活動をする。
第四条会員
本団体は松原1丁目とその周辺地域に住居を持つ区民によって構成される。
会員名簿は非公開とする。
第五条事務所所在地
本団体の事務局は松原1丁目会館に置く。
所在地: 東京都世田谷区松原1丁目52番4号 TEL:080-3413-8153
第六条会合
本団体は月1回の会合を持ち、次の事項を討議、決議する。
(1)「明大前駅周辺街づくり協議会」の議題に沿って討議し、対策を決議する。
(2)必要に応じて募金を募り、その使用明細を報告し、承認される。
(3)京王線立体化事業においての道路の策定、線路の地下化を推進する。
(4)リーダ会の選出、会則の改正
第七条会計、および支出報告
会では会員に任意での募金をお願いするものとする。
募金の集金金額は会に報告し、事務局が管理する。募金の使い道については、すべて、会の決議によって行われ、支出の報告については適宜、会に報告して、了承を得るものとする。
第八条会費
本団体においては会費を無料とする。


パスワードを忘れた 
ID:
パスワード:
⇒ 新規会員登録はこちらから


2009年11月の都・区の説明会で理解
できましたか?


A.良く理解でき、不安はない。

B.3案(高架、地下、併用)について
   の説明が不十分で理解できない。

C.環境悪化が心配であり、高架には
   賛成できない。



[現在の回答状況]
回答A1305票
回答B74票
回答C335票



| トップページ | 街づくり協議会報告 | 住民の会運動報告 | みんなの声 | 参加方法 | 地下化の検討 | 署名運動について | 資料集 |

| 個人情報保護方針 |

Copyright © 松原一丁目まちづくりを考える住民の会, All Rights Reserved.