『 京王線を地下に!』

東京都提出用署名用紙ネット用ダウンロード
署名のお願い
松原1丁目 街づくりを考える住民の会 
連絡先 事務局:080-3413-8153 
E-Mail: info@matsubara-1.org 

立体化には「高架方式」「地下方式」が検討されています。

高架方式になった場合、次のような問題発生が考えられます。
○沿線住民の立ち退き!(明大前まで4線路の複々線化です)
○首都高速4号線、井の頭通り、京王線に分断される地域コミュニティ!
○高架下の治安の悪化!(放火、犯罪の発生、放置ゴミ)
○周辺地域の地価の下落!
○騒音・振動・日照・通風・・・等様々な被害の発生!

そこで、私たち「松原1丁目街づくりを考える会」は、京王線の立体化は「地下方式」で行われるべきであると主張しています。また、現在の線路を「緑道」にすれば、緑道は環境にやさしいだけでなく、大災害時において、帰宅難民のセーフティ・ロードにもなります。

東京都に対して「地下方式」を要望する署名活動へのご協力をお願いします。
署名は東京都にお住まいの方々にお願いしています。

これまでに比留間議長名 署名用紙で署名をいただいている用紙については事務局で訂正することで活用ができますので、そのまま事務局にご送付ださい。
なお、ご署名に際しては、以下の事項をお守りください。
1.署名は自筆で姓と名、住所をお願いします。(鉛筆は不可)
2.代筆の場合には捺印が必要です。
3.前期の署名とは別の請願内容となるために、前回に署名していただいていた方々も、再度の署名ができますのでお願いします。
4.請願の署名的確年齢には制限はありません、子供でも問題ありませんが、請願の主旨を理解しているということを前提にしてください。
5.署名していただいた用紙の送り先
世田谷区松原1丁目52号4番 松一会館 「京王線地下化実現の会 事務局あて」
問い合わせ 電話 080−3413−8153

請願提出の時期
都議会定例会の開催している9月8日から24日までの会期中に提出します。 定例会議閉会後に委員会に付託されますが、委員会での審議の前までに署名の追加が一回できますので、最終署名の締め切りは10月初めになる予定です。

請願に際しての紹介議員について
生活者ネットワークの西崎議員、民主党の山口、花輪両議員に紹介議員としての手続きを進めていただきますが、自民党、公明党にも本請願についてのご理解を承るようにお願いをしています。

請願についての主旨説明
以下の主旨説明が都議会に提出されます。
請願についての主旨説明

(別紙)

現在(2009年3月)、京王線の代田橋駅―八幡山駅間を立体化することによって、この区間にある踏切をなくして交通渋滞を解消する計画が、東京都によって検討されております。
この「立体化」には、地下にする方式と、高架にする方式がありますが、本年8月には、どちらにするのかという方向性が示される段取りとなっているようです。

しかしながら、立体化の方式(地下方式か高架方式か)を決定する際に、予め住民の声を反映させる場がありません。

京王線の世田谷区内の路線については、1969年頃の都市計画では高架にすることになっていたようですが、その後の社会の変化や技術の進歩によって、地下にすることが妥当であると私たちは考えています。もし京王線を高架にした場合には、首都高速4号線の高架との間に挟まれた地域の環境はさらに悪化しますし、地域分断や鉄道高架下の治安の悪化、周辺地域の資産価値の下落など、数多くの懸念事項があります。これらの問題点については、昨年10月に松原1丁目の町内回覧でも説明がありましたのでご記憶の方も多いかと思います。

私共は、このような観点から、京王線の立体化方式を検討している東京都や、立体化に付随する周辺の街づくりを検討している世田谷区の関係者に対して、京王線の明大前駅について地下方式とすることを強く要望する考えです。そのために、皆様にご署名をお願いすることといたしました。

この問題は、高架方式の採用によって立ち退きを余儀なくされる京王線沿線の住民はもとより、高架完成後の周辺住民の生活環境に多大な影響を与えます。子々孫々、100年先を見据えた「街づくり」に禍根を残すことがないよう、多くの方々のご署名をお願いするものです。私たちの意見にご賛同いただける方々には、添付いたしました署名簿にお名前とご住所のご記入を、是非ともお願いいたします。

この計画は、松原1丁目だけの問題ではありません。私共の趣旨にご賛同の皆様には、是非、ご署名の輪を拡げていただくよう、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

署名集め訪問マニュアル(会員用)

パスワードを忘れた 
ID:
パスワード:
⇒ 新規会員登録はこちらから


2009年11月の都・区の説明会で理解
できましたか?


A.良く理解でき、不安はない。

B.3案(高架、地下、併用)について
   の説明が不十分で理解できない。

C.環境悪化が心配であり、高架には
   賛成できない。



[現在の回答状況]
回答A1302票
回答B74票
回答C335票



| トップページ | 街づくり協議会報告 | 住民の会運動報告 | みんなの声 | 参加方法 | 地下化の検討 | 署名運動について | 資料集 |

| 個人情報保護方針 |

添付ファイルをご覧になるためには、「Acrobat Reader」が必要です。
お持ちでない方は左のアイコンをクリックし、インストールを行ってください。
Copyright © 松原一丁目まちづくりを考える住民の会, All Rights Reserved.